神奈川大学との連携による寄付教育プログラム(2023)

神奈川大学との連携による寄付教育プログラム(2023)

ヨコハマSDGsデザインセンターは、共同事業者である株式会社日本総合研究所(以下「日本総研」)との連携により、横浜市内の学生に対して寄付教育プログラムを実施しています。このプログラムは、未来を生きる当事者である学生が、「社会のためにお金をつかう行為」である寄付を通じて社会に関わる決定を体験できるコンテンツです。

プログラムでは、寄付を必要としている複数の団体の活動内容を学生に提示します。その後、学生同士の議論により、寄付を通じて応援したい団体を1つ選定します。選ばれた団体には実際に寄付が行われ、後日、寄付金をどのような事業に活用したのか報告を受けます。

寄付教育プログラムを受けることで、学生が社会課題やその解決に取り組む団体のことを知る契機となり、そこから未来の社会に対する寄付が増加し、
SDGs達成に向けた取り組みの促進に繋がることを目指しています。

【トピックス】

2023年11月20日 神奈川大学で学生さんに寄付先を選定してもらいました!

2023年10月23日 寄付先候補を選定しました。

 

 

Date:
Back to top