環境 特集
2019年09月12日 NEW

住宅・建築物等の省エネ対策等に関する取組検討ワーキング

温室効果ガス削減につながる製品・サービス・取組を発掘し、広く普及させていくことを目標に、脱炭素化の実現に関心をお持ちの様々なステークホルダー(ヨコハマSDGsデザインセンター会員)による環境コンソーシアムのうち、住宅や建築物等の省エネ対策等をテーマとした第2回住宅・建築物WGを開催しました。

概 要

日時 :9月4日(水)13時半から15時半
場所 :スマートウェルネス体感パビリオン

開催結果

・スマートウェルネス体感パビリオンの視察を行い、スマート住宅とウェルネス住宅の機能や効果を体感しました。
・今後、テーマ設定(例えば、高齢化社会の住宅・建築物等への技術・サービス)について、議論していくこととしました。

第3回WG

アキュラホーム等のご協力により施設見学を実施します。
・9月26日(木)11時~SDGsハウス(アキュラホーム港北展示場)
・参加申込は、以下の宛先に必要事項を記載のうえ、ご連絡をお願いします。(9月24日まで)

送付先 :kohno@exri.co.jp(ヨコハマSDGsデザインセンターコーディネーター(河野宛))
必要事項:団体名、氏名、参加人数、連絡先

住宅・建築物の省エネ等に関するニーズ・シーズを持っている会員の参加を募集しています。

ぜひ、検討ワーキングに参加し、会員の抱えている課題やニーズ、アイデア・アクション(提案)等のシーズをお寄せ下さい!

ページトップへ