社会 特集
2019年09月06日

活動一覧 地域を便利に「オンデマンド交通」

オンデマンド交通に関わるこれまでの活動をご紹介します。

■オンデマンドバスの実証実験に向けた関係者試乗会を行いました

2019年3月19日(火)旭区若葉台にて、オンデマンドバスの実証実験に向けた関係者試乗会を行い、50名以上の地域関係者、プレス関係者の方にお集まりいただきました。

この取組は、スマートフォンから専用のアプリケーションで予約ができ、ニーズに応じて地域を巡回するオンデマンドバスのテスト走行です。
地域でコミュニティバス「わかば号」を運行する一般財団法人若葉台まちづくりセンターが運営主体となり、MONET Technologies 株式会社が
配車プラットフォームを提供、ヨコハマSDGsデザインセンターが地域の「取組」と企業の「技術」のマッチング及び実施に向けたコーディネートを
行っています。

■「旭区若葉台オンデマンドバス」第3回実証実験を開始します!

⼀般財団法⼈若葉台まちづくりセンター、MONET Technologies株式会社(ソフトバンク株式会社のグループ会社)と連携し、⾼齢者や⼦育て世代など、誰もが「住みたい」「住み続けたい」と思えるまちの実現に向けた、オンデマンドバスの実証実験を横浜市旭区若葉台エリアで実施しています。2020年1月からは第3回の実証実験を開始します。

詳細記事はこちら

ページトップへ