社会 特集
2020年02月17日

旭区希望が丘東地区にて「SDGsについて考える」講演会を開催しました!

2020年2月15日(土)に開催された、地域サポート希望が丘東主催の
「SDGsについて考える」講演会にヨコハマSDGsデザインセンターの
コーディネーターが講演を行いましたのでご紹介します!

2020年2月15日(土)今宿地区センターにて、希望が丘東地区連合自治体の
約60名のみなさまにご出席いただき、SDGsについて考える講演会として
SDGsとは何か?という事を言葉の意味から今後、取り組める事について
「これからのモノサシ」というキーワードで講演し理解を深めて頂きました。

また、第二部では「今日からできる100のこと」をテーマに
日々の活動や地域活動がSDGsの取り組みとどのようにかかわって
いるのかを身近な活動を通して参加者のみなさまから発表頂き、全員で共有し考えました。

参加者のみなさまからは大変たのしく学べる事ができ、
今日からでもSDGsに貢献する活動ができそうだと前向きな感想を頂きました。

ただし、いくら講演で、資料を見せながら熱弁したところで、
地域のみなさまが危機感を覚えたり、自分ごととして捉えたりするのはなかなか難しいものがあります。
今回「SDGs」を知ることで何を考えたか?自分の生活習慣から何を感じ、
そして行動に移せるのか、自分の周りにスピーカーとして発信できるかが重要であり、
これからの子どもたちに残せるアイデアの芽を引き出し、育てて行けるようにしたいですね。

ページトップへ